育毛剤成分の特徴

薄毛が気になり始めたらまずは試すのが育毛剤。
育毛剤の働きとしては、頭皮の血行をよくして、乾燥を防ぎ、毛穴にある毛根細胞が活性化させて、健康な毛が生えてくるようにすることです。
育毛剤に必要な機能として、9項目挙げます、1つめは男性ホルモンの抑制、2つめは血管拡張、3つめは抗脂漏、4つめは保湿、5つめは消炎、6つめは頭皮の代謝促進、7つめは抗菌作用、8つめは角質溶解、9つめはお抗酸化です。
これらの機能がバランスよく働いて増毛に近づくのです。

続いては、これらの機能を促進させることのできる成分についてみていきましょう。
ここでは3種類の成分に絞ってみることにします。
まず1つめは、M-034です。
海藻由来なので、天然成分がたくさん。
薄毛でなくても海藻類が頭皮に良いことは知られています。
ワカメを食べると良いと言われるのはそのためです。
天然成分なので、身体も無害、安心できる成分です。

2つめは、加水分解酵母エキスです。
頭皮では、発毛せよと指令が下りそれを実行する細胞がいるのですが、加水分解酵母エキスは、この情報を運ぶための物質です。
これが増えることにより、発毛の手助けをします。
3つめは、アデノシン三リンです。
頭皮でも筋肉活動が行われていますが、アデノシン三リンは、筋肉の収縮や伸展での活動でエネルギーを配給しているのです。
M-034と加水分解酵母エキスは、男性ホルモンの抑制、血管拡張、抗脂漏、保湿、消炎、頭皮代謝、抗菌において活発に機能します。
アデノシン三リンも抗酸化、角質溶解、抗脂漏以外で働きをみせます。



◎特集
毛根細胞に働きかけることで発毛を促す育毛剤が購入できるサイトです →→ 育毛剤 購入

Copyright © 2014 育毛剤の成分 All Rights Reserved.